汗のニオイとワキガのニオイは別:ワキガ・多汗症のしくみと対策

汗のニオイとワキガのニオイは別

・汗のニオイとワキガのニオイは別

ワキガ臭に対して日本人は、昔から嫌悪感や差別意識をもっているため、普通の汗のニオイをワキガ臭ではないかと思い込んで悩んでいる人がいます。
ワキガを治療する場合、重要なのは汗や体臭が普通の汗のニオイなのかワキガ臭なのかを区別することが大切です。
体臭は誰にでもあるものですので必要以上に神経質にならないことが大切です。


・ワキガと多汗は同じではない

汗を脇の下にたくさんかくからといって必ずワキガ体質かというと断言はできません。
理由は2つあり、1つは脇の下が手のひらや足の裏と同様、エクリン腺からの精神性発汗が起きやすい場所であるからです。
もう1つの理由は脇の下は他の体の部位より、汗そのものが気になる部分だからです。二足歩行の人間の脇の下は両腕によって耐えず塞がれて汗が蒸発しにくい部分です。そのため汗がたまったり蒸れたりしやすいので他の部位よりもさらに気になるのです。


・ワキガを気にしすぎない

ワキガ臭は、少しであれば周りの人はさほど気にかけません。
ですが悩んでいる本人にとっては重大な問題であり、自分の体のニオイがどれくらいなのかを正確に知りたいと思うのは当然です。
ワキガかどうかは鼻が悪い人でないかぎり、自分でも判断出来ますので、自分でニオイを感じなければ必要以上に気にする必要はないでしょう。


・汗臭さの発生のメカニズム

汗臭さは、皮膚表面で細菌類による分解、酸化が主な要因として関与しています。
皮膚表面に付着しているアカや皮脂、ホコリ、フケ、表皮の脱落した角質などがエクリン汗と混じり合うと、細菌にとっては格好の培地となり、細菌が増殖して分解酸化が促進され、低級脂肪酸等のニオイ物質が発生します。


・ワキガ臭発生のメカニズム

ワキガ臭発生のメカニズムの過程で、ニオイの物質産生のために働いているのが皮膚面に常在するブドウ球状菌などの雑菌です。
アポクリン腺の分泌物が、これらの雑菌によって分解、酸化されると、カプロン酸、イソ吉草酸といった低級脂肪酸やアンドロステロンといった男性ホルモンに似た物質となり、これがアンモニアなどと混ざり合ってワキガ臭となります。


・汗は皮下のアポクリン腺の中にある間は無臭

ワキガはアポクリン腺からの汗の成分にあります。
成分は各種タンパク質、糖質、中性脂肪、ピルビン酸、鉄分、アンモニア、色素リポフスチン、各種脂質などですが、何がニオイの発生の中心を担っているかは分っていません。
ただ、アポクリン腺は皮下のアポクリン腺の中にある間は無臭なので、汗が出てから何らかの変化がありワキガ臭を発生させることが分っています。


・汗臭さを促進する大気汚染

二酸化炭素が多い場所で暮らす人の尿に、普通は検出されない重炭酸イオンが目立って増えています。汗の成分にも同様のことがいえます。大気中の二酸化炭素が尿だけでなく汗にも関与するのです。汗の成分に重炭酸イオンが増加すれば、細菌増殖の促進要素となる皮膚表面のアルカリ性化が進み、汗のニオイをより強くすることが考えられます。つまり、大気汚染は汗臭さを促進するのです。

 
ワキガ・多汗症のしくみと対策 TOPへ 汗とワキガ 汗のニオイとワキガのニオイは別