デオドラントグッズについて:ワキガ・多汗症のしくみと対策

デオドラントグッズについて

・デオドラント剤について

汗と体のニオイとの結びつきは、非常に深いものです。
デオドラント剤は汗とニオイの発生メカニズムを遮断することで効果を発揮します。
具体的には「汗をできるだけ抑える」「雑菌の繁殖を抑える」「発生したニオイを消臭、脱臭する」「他の好ましいニオイでマスキングする」「出てしまった汗を吸収し拭き取る」などの作用がデオドラント剤には求められます。


・デオドラント剤の種類①-制汗作用のある物質

汗を抑える作用のある物質を、制汗剤と呼びます。これには汗腺の導管を閉塞して汗を外に出られなくする働きがあります。
ホルムアルデヒドやアルミニウム塩、ミョウバンなどがあり、これらは単体ではなく用途によって軟膏、液状、スプレーなどの形で他のデオドラント剤と組み合わせて使用します。


・デオドラント剤の種類②-雑菌を抑制する物質

汗に発生するさまざまな雑菌を抑制してニオイを発生させないのが抗菌剤です。酢酸、重曹、ホウ酸、過マンガン酸アクリノールなどの物質も、その酸性によって菌の発育や増殖を抑えます。
また、緑茶などに含まれるクロロフィルやフラボノイド等の物質も弱い抗菌・脱臭作用があります。


・デオドラント剤の種類③-発生したニオイを脱臭・消臭する

汗によって発生したニオイを脱臭、消臭する方法は、物理的消臭法、化学的消臭法、生物的消臭法などがあります。発生を抑え切れなかったニオイに対して行うものです。
どの方法が効果的かは個人差がありますので自分に合ったデオドラント剤を試してみましょう。


・デオドラント剤の種類④-マスキング

汗によって発生したニオイを、他のニオイ物質でマスキングする方法があります。
いやなニオイをもっと強い良いニオイの刺激で感じなくさせてしまう方法と、2つのニオイを混合させて相互にどちらのニオイもより弱く感じさせる相殺方があります。


・デオドラント剤の種類⑤-出た汗を吸収・拭き取る

汗を拭き吸収させたり拭き取ったりしてニオイの発生を抑える方法は、脇の下などにじかに当てるパット類やティッシュ類があります。
脇の部分に吸湿性のある素材のアテ布がついたドレスシールドや、最近では汗拭きパットにさまざまな消臭剤を配合したものや、ボディー化粧水や殺菌剤を含ませたティッシュなどが市販されています。


・デオドラント剤の使用の注意点

デオドラント剤の使用は、自分の体のニオイのタイプに合った製品を選ぶことが大切です。
ワキガ臭を抑えたいのか、汗を抑えたいのか、汗臭さを抑えたいのか、香りを演出したいのかを把握しそれに合った製品を使うことが必要です。
そして長年デオドラント剤を使用することによって皮膚炎などが引き起こされる場合もあるますので注意して使用しましょう。

 
ワキガ・多汗症のしくみと対策 TOPへ ワキガ・多汗症の対策 デオドラントグッズについて