病的多汗症と漢方:ワキガ・多汗症のしくみと対策

病的多汗症と漢方

・生理的多汗

汗を、太った人が仕事で軽く体を動かしただけでかくのは生理現象で異常ではありません。
太った人は熱の放出がされにくいため汗が多く出ます。
男性の方が女性より汗をかきやすいのは男性ホルモンによる作用で、生理的なものです。
このように病的なものではない多汗を生理的多汗といいます。


・病的多汗-全身性多汗

汗を、風邪などの病気の時や熱が出たときに大量にかきます。
女性の更年期障害の一つに、全身性多汗が生じることもあります。
病気による多汗は、主に体の免疫機能や代謝機能によって引き起こされます。
このように汗は体の重要な機能と密接な関係にあることがわかります。


・病的多汗-病的局所性多汗

汗を、体の一部分にだけ特別にかくような病気があります。
例えば「くる病」では、頭部に局所的に汗をかきます。
大動脈瘤や胸部の縦隔腫瘍があると、その側の交感神経を刺激して片側の顔や大幹だけに多汗がみられることがあります。
慢性関節リウマチの活動期には手や足だけに多汗がみられることがあります。
このように病気のシグナルになる汗もありますので汗に注意することは病気の早期発見にもつながります。


・汗と漢方療法

汗は漢方では健康のバロメーターとして重要視されてきました。
西洋医学では汗は症状としては認められないのでそれだけで治療に結びつけることはあまりしません。
漢方は体質によって同じ症状でも違った薬が必要ということもありますので、実際の使用に関しては専門医とよく相談してからにしましょう。


・汗を安静時にもかく場合の漢方薬

汗を、安静にしていても、あるいはほんの少し動いただけでもかくことを「自汗」といいます。
効果的な漢方薬は「党参(とうじん)」「黄耆(おうぎ)」「人参(にんじん)」などを配合した補気薬を投与します。
また、心気虚の症状に加え、寒がる、四股の冷えなどをともなう心陽虚の場合には「附子(ぶし)」「肉桂(にくけい)」「乾姜(かんきょう)」「桂枝(けいし)」などの生薬を配合した助心陽薬が処方されます。
ほかには「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」「人参養栄湯(にんじんようえいとう)」「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などがあります。


・汗を睡眠時にかく場合の漢方薬

汗を、睡眠時にかく症状があります。サラサラとした汗ならいいのですが、粘っこい汗が頭部や首からの胸周り、腰から股の周囲に多く出るようだと注意が必要です。
このような場合に効く漢方は、「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」「帰脾湯(きひとう)」「慈陰降火湯(じいんこうかとう)」などがあります。


・脂汗・冷汗を抑える漢方薬

脂汗は、脂肪細胞や化膿体質の人がかきやすい汗です。冷汗は、ドキっとしたりヒヤっとしたりしたときにでる冷や汗のことです。
これらの汗を抑える漢方薬は「大承気湯(だいじょうきとう)」「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」などがあります。


・局所性の多汗症を抑える漢方薬

汗を体全体ではなく体の一部分に特別汗をかくことがあります。
局部的な多汗症は、汗をかく部位によって体の不調を教えてくれることがあります。
①頭部:肝機能障害、くる病
②首から上:虚弱体質、体力不足、神経過敏
③手のひら・足の裏:神経過敏、神経疲労、慢性便秘、高熱性疾病、蓄膿症
④背:精神不安定。
効果的な漢方薬は、「茵?蒿湯(いんちんこうとう)」「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」「竜肝瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」「女神散(にょしんさん)」などがあります。

 
ワキガ・多汗症のしくみと対策 TOPへ ワキガ・多汗症の対策 病的多汗症と漢方